Dropbox で git push, pull が捗る

この記事は2013年3月2日に書かれたものです。
現在は内容が古い可能性が高いのでご注意ください。

Dropbox にgit remote を置くと作業が捗る、ただそれだけなのですが・・・。

常時複数のマシンとか vm を使って作業していて、その全てでリポジトリの同期をとりたい時は github に上げてしまいたくなるものですが、諸々の事情でで上げられないものもあるので、そんな時に非常に便利ですね。

例えば myproject で作業している場合は(以下 Mac で Dropbox のディレクトリがデフォルトの場合)、

$git clone –bare ../myproject ~/Dropbox/myproject.git
$git remote add origin ~/Dropbox/myproject.git

ほらもうこれで push し放題ですよ!
ちょっと待てば勝手に同期してくれるし、後は他の場所で pull するだけ。とっても簡単です。
諸々の事情で Dropbox を使うのが好ましくない場合もあると思うので、その辺りはご注意を。

シェアする

フォローする