Adobe CC 2015 で WebM を扱う方法

この記事は2016年1月22日に書かれたものです。
現在は内容が古い可能性が高いのでご注意ください。

Adobe CC 2015 の Premiere Pro や Media Encoder などでは、初期状態で WebM が使えないためプラグインのインストールが必要です。

ここ (http://www.fnordware.com/WebM/) からインストーラーをダウンロードして実行します。

スクリーンショット 2016-01-22 11.png

自分でプラグインのディレクトリーを作って入れるとかいう情報 (CC 2014 向け) があるけど、うまくいかなかったので書いておきます。

シェアする

フォローする